過払い金請求は早目にどうぞ!というCMがよく流されていました。
過払い金請求とは、現在の賃金業法に合っていない利息でお金を貸していた業者への返済を、正しい利息で計算して払いすぎていた分を請求するということです。
つまり30%でお金を借りていたような方であれば、現在の最高利息の20%以下で再計算をして、返済額を算出するということです。

当然30%での利息だった場合は、返済額が多すぎたということになるので、返金額が発生することになります。
これは当然の権利になりますので、一度相談してみる方が良いでしょう。
しかし過払い金請求は、基本的に借金の返済が終了した方のための方法です。
そのため現在進行形で返済を続けている方が行うと、少し違った意味がでてきてしまいます。

つまり現在借金を返済しているものの、利息で問題があったので、返済額を調整するという債務整理の中の任意整理という作業に当ってしまいます。
そのため、記録上借金の整理をしたことのある人という信用情報が残ってしまうため、今後の借金やクレジットカードの発行に関して影響がでてくることになってしまいますので、注意しましょう。